船井総研ロゴ

【東証一部上場】株式会社船井総研ホールディングスグループが運営する
日本唯一の老人ホーム紹介ビジネスコンサルティングの専門サイト

老人ホーム紹介ビジネス.com
home business business menu seminar study company contact
拡大するシニアビジネスで事業の柱を作るために…
メールでのお問い合わせ contents
無料相談のお申し込み 定期勉強会へのお試し参加 新規参入支援のご依頼 コンサルタント紹介
船井総合研究所 取材バナー

老人ホーム紹介ビジネスとは

高齢者・ご家族の「老人ホーム選び」をサポートし、入居先となる老人ホームから紹介料を頂く事業です。 高齢化率が高まり、老人ホームが年々増える中、マッチング機能を果たす事業者の存在が求められており、急成長しているビジネスです。

 

紹介ビジネスの全体

ビジネスとしての魅力

 

収益性

 

このビジネスは、収益性の高さが大変魅力的です。

莫大な投資は必要ありませんし、人員さえそろえば動き出すことができます。

また、老人ホーム紹介ビジネスはシニアビジネスの中核に位置する大変重要な役割を果たしますので、ニーズに応じた新たな横展開もできます。

 

【初期投資:200万円弱】

⇒主にかかるのは、人材の採用経費やホームページ構築費やツール印刷代です

 

【生産性:2,000万円/人】

⇒最初の営業マンはこの程度の生産性はクリアできます。

 

【営業利益率:60%】

⇒初年度は30%程度ですが、2年目以降は高い生産性を実現できます。

 

【店舗・事務所:不要】

⇒店舗に相談者が来られることはありません。営業マンが待機する場所さえあればOKです。

 

【知識・経験:不要】

⇒老人ホームを比較する視点を持つことが必要です。どのような方でもゼロから学ぶ必要があります。

 

【運営体制:1~2人】

⇒1名にしっかり教育していくか、2名体制で競争してもらうか、各社の方針に合わせてスタートします。

 

【投資回収:9ヶ月程度】

⇒数値計画をたてて進めていきます。おおむね9ヶ月程度で回収可能です。

 

 

詳しくはセミナーもしくは無料経営相談をご活用ください。

 

事業としての広がり

老人ホーム紹介ビジネスを軌道に乗せることができれば、

2つの新たな可能性を切り開くことができます。

 

1つは、高齢者向けビジネス

 

2つは、老人ホーム向けビジネス

 

新たな事業へ拡大していく際には、案件ベースでの展開ができます。

何もわからない状態で新規参入するよりも、はるかに手堅い事業拡大をすることができます。

 

【高齢者向けビジネス】

・身元保証

・引越し

・廃品回収

・不動産売却

・配食

・葬儀     など

 

【老人ホーム向けビジネス】

・立ち上げ、活性化コンサルティング

・訪問系サービスの導入(調剤、看護、医療など)

・介護スタッフ向け研修事業

・建築

・M&A  など

 

 

詳しくはセミナーもしくは無料経営相談をご活用ください。

 

「高齢社会」日本の抱える課題

① 高齢者数・認知症患者数の増加   ② 社会保障費の増加   ③ 医療費の増加   ④ 独居老人・老老介護の増加   ⑤ 核家族化・少子高齢化   ⑥ 介護者による虐待件数の増加    などなど   高齢者は増える一方で、65歳以下の人口は足りません。 病院や介護老人保健施設での滞在期間が長くなっており、対応できる患者の数に影響が出てきています。 特別養護老人ホームには高齢者が殺到し、今後は入所要件が厳しくなります。 そのような背景で定年を引き伸ばし、増税による財源確保、在宅復帰強化、元気な高齢者を増やすためのリハビリ機能強化、自宅に帰ることのできない高齢者の受け皿となる老人ホーム(有料老人ホーム、サービスつき高齢者向け住宅など)の整備が急ピッチで進められています。

複雑化する老人ホーム

現在の高齢社会になくてはならない存在であるのが老人ホームです。   老人ホームと一言にいっても、種類は様々。 有料老人ホーム、グループホーム、サービスつき高齢者向け住宅、ケアハウス、特別養護老人ホームなど種類がたくさんあります。 一般の方からすれば、ほとんど違いがわからないのが現状です。   近年では、自宅での生活が困難な高齢者だけでなく、介護認定を受けていない元気な高齢者も住まいの選択肢の一つとして老人ホームへ入居しています。 かつては姥捨て山のように思われていた老人ホームですが、様々な老人ホームができてくるとともに変化してきています。 高級ホテルのような老人ホームから、年金だけで入居できる老人ホームなど富裕層でなければ入居できないわけではありません。 認知症があっても、医療依存度が高くても入居できるところもたくさんあります。 そういった選択肢の増加とともに、住まいに対する考え方が代わってきているのです。

高齢者の老人ホーム選びを支える事業

私たちが引越しの際に物件探しをする時は、近くの不動産屋で希望するエリアや条件を提示して、それに合った物件を教えてもらいます。気に入った物件には不動産屋の担当者と見学に行くこともあるでしょう。

 

しかし・・・ 高齢者の方々が老人ホームを選ぶ時にはどうすればいいのか・・・

 

複雑な老人ホームの種類、サービスを正しく把握し、高齢者の希望する条件に合わせて適切な情報を提供するのが「老人ホーム紹介会社」なのです。