船井総研ロゴ

【東証一部上場】株式会社船井総研ホールディングスグループが運営する
日本唯一の老人ホーム紹介ビジネスコンサルティングの専門サイト

老人ホーム紹介ビジネス.com
home business business menu seminar study company contact
拡大するシニアビジネスで事業の柱を作るために…
メールでのお問い合わせ contents
無料相談のお申し込み 定期勉強会へのお試し参加 新規参入支援のご依頼 コンサルタント紹介
船井総合研究所 取材バナー jnzaiバナー m&aバナー

船井流経営法とは

船井総研では、創業者である船井幸雄や各コンサルタントが確立した業績アップ理論・考え方を総称して「船井流経営法」と呼んでいます。

「船井流経営法」には、企業が繁栄するためには「経営の原理原則を守り、時流適応していかなければならない」というセオリーがあります。実際に長い歴史を持ち、継続的な高収益を実現する強い経営体質を持っている企業を見ると、激変する時流に適応しながら原理原則に沿った経営をしていることがわかります。

そこで本章では、船井流経営法の原理原則について学んでいきます。

【参考:「原理」と「原則」の違い】

・「原理」とは…もともと世の中にあった理(ことわり)を指し、我々が発見したものをいう。
船井流でよく使われる「天地自然の理」や「ツキの原理」といったものは、我々が誕生する前から存在していたものであり、その存在に気付いただけものである。

・「原則」とは…我々人間がルール化(汎用性の高い一般化)したものや産み出したものなどを指す。
例えば、「伸びる法則」や「時流適応の法則」などの原則は、船井流経営法の長年培われてきたものであり、それをルール化したものである。

 

 

船井流経営法の原理原則

成功の3条件

船井総研の創業者である船井幸雄は、伸びる会社・経営者は、

1)勉強好き、
2)プラス発
3)素直

の3つのクセがついているといいます。

経営者がこの基本条件を備えていなければ、成功の確率は低くなり、備えていれば、成功は70%保証できると著書の中で述べています。

この3つを船井総研では、「船井流成功の3条件」と呼んでいます。

この3つの条件を兼ね備えたならば、次に経営者は正しい目的を持つことが必要だといわれます。

正しい目的の第一は、世のため人のためになることをすること、つまり社会性の追求。第二は、教育性を高めること。そして第三は収益性を高め、企業として大きくなることです。

では、なぜこの3つの条件が成功を支える要素といえるのでしょうか。それは、この3つの条件こそ、人間だけが先天的に与えられた特性を活かしているからなのです。

人間だけが先天的に与えられた特性

人間には人間だけに与えられた次のような3つの特性があります。それを追求することを「人間特性の追及」といいます。

・頭脳=勉強好き
人間には使えば使うほどよくなる頭があります。よって、できるだけ頭を使うことが大切です。

・良心=素直
人間は、「理性的な意志」「情動的な意志」「本能的な意志」の3つで動きます。人間以外の動物には、「理性的な意志」はありません。そのため、できるだけ理性的に生きることが必要です。ここでいう「理性的な意志」とは、悪いことはやめ、よいと思うことを実行する意思を指します。

・理性=プラス発想
心に思ったことや、口にした言葉が実現します。そのため、なるべくよいことを思い、よい言葉を吐くことが重要です。

 

 

即時業績向上法

船井総研の他社にはない強みとして、即時業績向上法を持っていることが挙げられるでしょう。これは「ツキ」の原理を応用して作られた理論です。
即時とは約6ヶ月を指し、6ヶ月以内に業績を上げることができるという非常に便利なノウハウです。

長所伸展法

1)内部のツイているもの探し
ツクためには、ツイているものと付き合えばよい、ということになると、すぐ短絡的に、まず外部のツイている人や物と付き合うことを考えてしまいます。

しかし、自分に「ツキ」がない場合、ツイている外部の人や物とは、同類でなたいため付き合いにくいし、相手も、「ツキ」のない人とはなかなか付き合ってくれません。ツイているものと付き合いたいと思った場合、最も問題になるのはその点です。

このような状況のときには、まずは自分の中にある「ツイているもの」と付き合うことにするのがベストです。たとえば、自社でも、全体的に業績が悪いときでも、部門単位、一営業所、一品単位であれば、業績が伸びているところは必ずあるものです。

そういうところを見つけて、そこに力をいれていくと、「ツク」状態になり、全体がプラスの方向に進んでいきます。

2)ツイているものを伸ばす

ツイているものを伸ばす。これが、即時業績向上法の最も重要なポイントです。よって自社で一番にすべきことは、自社のツイているところを発見することなのです。

ではツキあるところは、一体どのような部分でしょうか?

それは、

1)伸びているものは何か?

2)自信のあるものは何か?

3)効率のよいものは何か?

4)1番は何か?

という4つの視点から見ると発見できるでしょう。

力相応一番化

マーケティングというのは、一番になれる商品と商圏、客層を持つことを基本としています

したがって、力があれば、一番商品をより多く持つこと、より大きな商圏でより多くの客を対象とした商売を展開することが、競争で勝つためのベストの方法ということになります。そのため、まずは1つでも一番のもの、もしくは他に絶対に負けない独自固有の長所をつくり上げることが不可欠です。

競争が激しくなったとしても、一番商品・サービスを持てば、たとえ時流不適応であっても、それだけで業績を伸ばすことが可能になります。

いろいろな商品や機能を持ちながら、一番が1つもない店を「よろず屋」というのに対し、1番を1つでも持ち、それ以外の商品や機能もあわせ持つような店を「総合化店」といいます。この場合、もちろん、一番は1つよりも2つ、2つよりも3つと、数多くあればあるほど業績が上がります。

では、一番商品を持つためにはどうすればよいのでしょうか。一番簡単な方法は、競合店を十分に調査し、その結果に対して機敏に対応できる体質づくりをすることです。

次に注意点として、前述した一番商品を持つこと、あるいは一番づくりで忘れてはならないことについて述べましょう。

第一に、わかりやすいもので一番にならなければ、ほとんど効果がないということです。たとえば、魚や肉で一番とか、紳士服の品揃えで一番というように、わかりやすいことが絶対に必要です。

第二に、ロットでならないものでは、一番になってもあまり意味がないということです。はっきりわかるもの、数または量でこなせるもので一番になるよう心がけてください。もちろん、突然「肉の売上日本一!」にはなれません。そこで必要なのが、場所や機能を絞り込むことです。

これが、力相応一番主義という考え方です。自店のシェア、売上、品揃えなどに応じて戦う場所と機能を決めていくわけです。そうなると、たとえば「豚肉の品揃えは市内一!」というようになることができるのです。

力相応一番化とは、力相応に一番化することです。

企業経営では、「力相応でなければならない」ということが基本となります。企業が力以上のことをするのは、よほど環境条件のよいときでなければ、きっと失敗をもたらすでしょう。

一方で、現在のように、様々な業界で企業の経営統合や再編が繰り返される競争激化時代においては、生き残るためには、できるだけ多くの一番を持ち、競争相手よりも強くなければなりません。

つまり、力相応で、かつ一番化できなければ、企業経営は継続できなくなってしまうということです。

お客様から、「こういうときはあの店!」といってもらえるように、自店の一番の商品・客層・商圏を決めてそれを徹底的に伸ばすことが重要です。

圧縮付加法

圧縮付加法とは、経営資本である「ヒト・モノ・カネ・情報」は圧縮せずに、入れ物、つまり売場スペースだけを圧縮する方法であり、一番商品、売れ筋の最も効果的な品揃え法です。

たとえば、前述の一番化手法を実際に支援先で行おうとしても、実際は資金繰りが厳しく、一番になるためのアイテムを仕入れることが難しいということがよくあります。

一方、圧縮付加法は一番をつくるための過渡期における手法です。

品揃えの数は減らさず、スタッフも減らさない。とりあえずこれまでの売り場スペースを圧縮することにより、商品密度の高い店をつくります。その結果、ボリューム感が生まれ、アイテム密度も高くなっていきます。

たとえば、100ヘイホーメートルの売り場を持つ店であれば、商品アイテムも販売員の数も、そっくりそのまま60ヘイホーメートルの売場に圧縮します。そうすると、商品密度は1.67倍になり、売上は20%くらい上がっていきます。

こうして成功して力をつけたら、次に圧縮したことによって生じたスペースを利用し、そこに新しい商品を付加していきます。

このように圧縮付加法は、成績が悪化し、「ツキ」が落ちてきたとき、再び「ツク状態」を取り戻すためにはとくに欠かせない、業績向上への特効薬になります。

包み込みの法則

一番化のための最も正しい戦略が、包み込みの法則です。

昨今のように、同業種間での競争の激化や異業種からの参入が見られるようになると、競合社会において総合力で上回る強者が、それ以下の者と競争した場合、強者が絶対的優位であれば、相手を生かすも殺すも一番の意のままという状況ができあがります。

小売店を例にとってみましょう。

ある地域にA、Bという2つの店があったとします。 A,Bの力は同じ程度の品揃えを独自で行っていました。

そこに、Cという大きな力を持つ店が現れました。Cが、AにあるものもBにあるものも、さらにはAにもBにもないものまでも品揃えしたとすると、勝負は戦う前から明らかでしょう。

包み込む範囲を、商品だけでなく、サービスや店舗の雰囲気までというように、幅を広げれば広げるほど、C店はベストに近づきます。

一方、弱者が生き延びる道は、一番店であるCの扱わない商品か、Cが見向きもしなくなった商品や、新しい商品を見つけ出して強化することです。つまり、強者の弱いところを見つけて部分的に包み込むことが、弱者が生き延びる方法となるのです。

以上は船井流経営法のほんの一部です。

ご参考になれば幸いです。